読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麺家 裕 - 蟹塩そば -

f:id:sohait000:20160316001230j:image

以前紹介した麺家 裕の看板メニューである蟹塩そばを頂いた。

行き方は前回書いたので省略させてもらう。

 

スープはあっさりとあるが、塩ダレが割りと脂を含んでいるためかこってりとまではいかないがあっさりかと言われるとあっさりではないスープ。

魚介ダシとかえしをベースにしつつも、カニの風味をしっかりと醸している。カニ味噌も混ざっているようだ。独特の甘みというか苦味というか、複雑な甘みが混ざっている。底の方にはカニの身が溜まっている。底の方からレンゲですくいあげながら食べるとかにのみの風味も加わる。

 

麺は手打ち麺らしい独特の色や太さをしている。それを見るのも楽しいが、麺は細麺ながらもしっかりと反発力のある麺で食感もたのしい。

 

チャーシューは2度めでやっと気づいたが、炙った豚と鳥の胸肉の二種類が載せられている。豚は歯ごたえしっかりでとても美味しい。煮られたとろけるような豚より自分は歯応えのある豚のほうが好きなのでとても嬉しい。

 

前回やや残念ポイントとして上げたメンマであるが、蟹塩そばのばあいはとてもマッチしている。カニの甘みとメンマの甘みがうまくからみ合っていた。

スープの特性が大きく違うとメンマの相性も変わるとは、ラーメンはなかなか奥深い食べ物だ。

 

この店にはまだ貝塩そばと中華そばの2種類がまだ残っている。近いうちに食べたいと思うが、これから暖かくなってしまうためまた寒くなるまでは紹介されないかもしれない。

 

sohait000.hatenablog.com