読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セアブラノ神 - 醤油つけ麺 -

Syokuji

f:id:sohait000:20161024130853j:image

 

10月限定の醤油つけ麺をやっと食べた。

なかなか食べに行ける機会が無くて待ち遠しかった。

 

名前の通りかなり醤油感のつよい見た目をしている。

麺は細麺。かなりかみごたえのある麺。細麺なので当然の事ながら麺絡みが良い。

 

スープは最初の数口は先味にブラックペッパー、中から後にかけて醤油のまろやかな風味と豚と魚介の旨味が来る。そして店名の通り背脂がそこそこ入っているので結構オイリー。

ブラックペッパーが鳴りを潜めて、きた辺りで麺にレモンを絞ったわけだが、醤油の繊細な味に対して酸味が強すぎたか、スープの印象が大きく変わってしまう。脂と交わり舌にまとわりつくような酸味がプラスされる。もし食べる機会がまたあるなら半分くらい絞るようにしたい。

具はいつものチャーシューと鳥のような少しパサついたものと二種類。そしてメンマの代わりにタケノコ、刻んだニラか分葱か、よくわからなかったがそれが入っている。

締めにスープ割とご飯で頂くわけだが、ここにきて脂の真骨頂というべきか、醤油の癖に旨味や風味が損なわれること無く鹹味が減る。醤油の出来の良さとセアブラノ神の妙技が映える。

 

なかなかうまかった。あっさりつけ麺で美味い店というのはなかなか京都には無いのでレギュラーメニューに加えてもらいたいレベル。