読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンゆう - 醤油ラーメン -

f:id:sohait000:20170113141312j:image

梅小路公園のすぐ近くにあるなかなか味のある外観のラーメン屋さん。

店内も昔ながらな感じ。

ラーメンは醤油と味噌があったが今回は醤油を選んだ。

 

麺は細麺。ちょい柔らかめ。良くスープを吸う麺なのか、並みの割に量がある感じがする。

スープは京都ラーメンのそれから背脂をぬいて豚の肉の出汁の旨味を感じやすくなった感じ。微妙に味の広がりが物足りなく感じる。卓上の辛味噌を少し入れると程よい感じになった。なかなか良い仕事をしている。

具はチャーシューともやしとネギ。なかなか好みなトッピング。そしてチャーシューの量がなかなか多い。何枚とかでなく、細切れがたくさん入ってる。初めてな感じで面白い。

 

この特別さの無さが良いポイントなのかもしれない。店の外観からも昔から地元の人に愛されてるのかなと思った

ラーメンこんじき - 魚介鶏醤油ラーメン -

f:id:sohait000:20161216150833j:image

梅小路公園近くのラーメン屋。前回はまぜそばを食べたが今回はラーメンを食べる。

 

注文すると、魚のアラからとった出汁を使ったスープか魚粉を使ったスープがいいか聞かれた。とりあえず好みそうな魚粉のスープを頼んでみる。

 

麺は中細の麺。スープがらみとスープを吸うことを目指しているような麺で、スープとの絡みがいい。腰はそれほど強くない。ほどほどに柔らかい麺。

 

スープは濃厚な鶏白湯のトロトロ感と、口に入れた時の豚骨のそれよりもあっさりなまとわりつき感。そして魚粉の風味にしっかり目の醤油味。結構醤油が強いので、鶏白湯と魚粉と醤油の味がするというだけのスープ。でもどれかが強すぎると言うこともなく、欲しい味が不足していると言うわけではないので、普通に美味しい。

 

チャーシューとネギとフライドガーリックが乗っている。この類のスープはフライドガーリックがよく合う。程よいジャンク感。

 

深い味が複雑とか後味の旨味が良いとかそういう事はないけれど、単純に誰でも美味しく食べられるラーメン屋って感じ。そして並の料金で大にしてもらえる券をもらえた。なかなか嬉しい。

なんだっ亭 - カレーつけ麺 -

f:id:sohait000:20161202152305j:image

カレー味のつけ麺の存在は知っていたけど食べたことの無い味なんで、如何なものかと期待して食べに行って見た。

高倉二条やつるかめでカレーつけ麺を食べられることは知っていたが、敢えて知らない店で食べてみる事にした。

 

麺はもちもち感のあるやや平打ちの中太ストレート麺。やや固めでかみごたえはあるが噛み切り易い。小麦の甘みがややするが香りは少ない。スープがスパイシーなので麺絡みはそれほど気にならない。

スープはマイルドなカレー味。先味は甘めでカレーのあのスパイスの味。スパイスに詳しく無いのでどのスパイスの味か分からない。食べ進めていくと、中盤くらいから辛味が来る。かなり遅い辛味の登場で驚いた。あまりにマイルドで飽きるかなと思っていたが、辛味のおかげで飽きる事なく食べられた。

具はほうれん草とちゃーしゅーと煮卵と味付け海苔。

ちゃーしゅーは濃いめに甘辛く煮たものをトッピングする直前に炙るので香ばしく濃厚な味。カレーにも負けずに、しかもいい調和具合でなかなかうまい。

食べ終わりにご飯へスープをかけていただく。所謂締めご飯。普通のカレーを食べてる感じでうまい。ご飯にかけて見てわかったが、よくみるカレーよりも遥かにサラサラしている。市販のカレールーを使ってこれを真似することは出来ないわけですな。

 

スープが洋食屋のビーフシチューみたいな感じで、器ごと熱してグツグツ煮立ってるものが出されるのでものすごく新鮮。見るだけで暖かい気分になる。

 

カレーつけ麺侮るべからず。なかなかうまかった。他の店のも回ろう。

 

つるかめ六角 - 魚介醤油つけ麺 -

f:id:sohait000:20161201161303j:image

前に本店で同じメニューを頂いたが、今回は六角で頂いてみる。

 

麺はおそらく同じもの。全粒粉の黒い粒がいい彩りを与えている。噛み応えがあり、そこそこ小麦感を感じる。

スープは本店のものよりややサラッとしている。魚介と醤油のスープであることには変わらないが、六角の方が魚介の出汁の味を感じる。本店では柑橘の皮が入っていて柑橘の香りがしっかりとしたが、こちらは柑橘の粉末が魚粉と一緒に入ってる様で柑橘の香りはあまり無い。

トッピングは一緒。

 

そして今回、前回出来なかった酢ニンニクを試して見たが、確かに旨味が少し増す。スープのベースが侵されることはせずに、そこはかとなく印象が変わる為飽き防止にいい調味料だ。

 

本店と比べると味が違って面白かった。やはり支店を回るのはラーメン巡りの醍醐味の一つである。

 

他のメニューに次は攻めて見たいものだ。