読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セアブラノ神 - 12月限定 背脂塩豚骨ラーメン -

f:id:sohait000:20161201155634j:image

いつものセアブラノ神。今回は初日に頂けた嬉しい。11月限定の背脂豚骨ブラックの塩版という立ち位置である。ちなみにブラックは背脂醤油豚骨ラーメンに名を変えて今月も継続している。

 

見た通りかいわれやネギの彩りが美しい。

麺は中太。思ったより細い。前回のブラックと比べると強烈なスープでは無いおかげで麺の要素が無くなっているようには感じない。

スープは塩感のほど良い、濃厚な豚骨スープ。ブラックと同じく鳥の感じもする為いろいろ混ざっていると思う。

フライドガーリックがはいっておらず、代わりにキクラゲが乗っている。何と無く博多感も感じるが、博多程獣臭く無いのでただ雰囲気としてのトッピングの様子。

ニンニク有りで注文したが、ほのかに香りがする程度でガッツリニンニク感は無い。強烈なブラックのスープが大人しくなったと言う印象である。

 

濃厚系ラーメンとしては優等生的な、かなり整った味。個性的な部分といえば美しい見た目であろう。

また食べたいかと言われるとやや首を傾げるが、濃厚なスープが好きな方は一度食べてみるといい。

ただ確実にブラックの強烈な味の方が楽しめるだろうと思う。

らーめん 鶴武者 - ちゃーしゅーつけ麺 -

f:id:sohait000:20161130151348j:image

西院にふらっと立ち寄ったので一番有名店に行ってみた。

 

こぢんまりした外観でしかも人が8人ほど並んでいる。結構待たなきゃいけないかなと思っていたが、店内は奥に広く席数が多かったので客回りがよく15分ほどで案内された。

 

麺はつけ麺にしては細め。噛み応えのある麺。香りは小麦の粉っぽい香りが穏やかにして、味もやや甘い程度で薄い。

スープは先味で口内に広がるニンニク、醤油の柔らかな鹹味に続いて魚介、鳥などの旨味がかなり長いサステインでもって表れる。あっさりして柔らかなベースだが、先味のニンニクにより充分な強さに感じる。今まであっさり系のスープを食べたところは先味にブラックペッパーを与えるところばかりだったので、ニンニクから来るのはやや新鮮。

麺絡みはオイリーな香味タレ、やや縮れた細麺のおかげでまあまあ絡む。麺からの味の主張があまり無いのでスープにしっかりダイブさせてから食べたがそれで丁度良いくらい。

トッピングはちゃーしゅー、めんま、煮卵、糸唐辛子、すだち(?)。煮卵が付いているのは珍しく感じる。

ちゃーしゅーは流行りでしかも好物の低温調理系。軽くスープでしゃぶしゃぶしていただく。安定のうまさ。

 

とてもうまいつけ麺だった。これまで食べたあっさり系つけ麺の中ではトップクラスのうまさ。特に思うのはニンニクの先味以外が柔らかい素材の出汁の味でまとめられた印象で、なかなか味覚を楽しませてくれる。

 

また行きたいと思う。

 

セアブラノ神 -11月限定 背脂豚骨ブラック -

f:id:sohait000:20161124153238j:image

月の限定メニューなのにいつも遅い時期に食べている。

セアブラノ神の伏見剛力店では11月限定の神二郎が通常メニュー化するらしい。突発で本店でも神二郎をやってたけど、その時食べる事ができなかったんで伏見剛力に直接行くしか無いかな。

 

スープの方はブラックという割には背脂のお陰で茶色っぽく見える。

濃厚な豚骨と魚介、ニンニク、醤油、そして鶏と強い味が混ざり合い、それぞれの個性が口腔内でパワフルに主張してくる。豚骨と名前が付いているが割と鶏も感じられる。6月にあった限定メニューに鶏感が増して醤油とニンニクでよりパワフルに味付けしたという感じ。他の店ならしゃかりきの豚濃魚介らーめんが、よりマイルドで魚介感の強いスープといった感じで似ている。

麺は縮れた太麺。スープがどろっとしてるうえに味が濃いためもっと太くても良かったかもしれない。

具は厚く切られた一枚チャーシュー、スプラウト、白髪ネギ、フライドガーリック、おろしニンニク。

オーダー時に「ニンニク入れますか」と聞かれた。ドキッとしたが、お願いしますしか言わなかった。

厚く切られた一枚のチャーシューがなかなか美味い。柔らかく旨味が凝縮されていてとてもいい。厚い分スープに負けない肉感もある。

 

ニンニクのお陰でジャンク感が強くなり濃い味と相まって病みつきになりそうなスープ。この濃いスープで二郎みたいなラーメンを作ったら中毒者が沢山出来そうだ。

 

 

セブンイレブン - とみ田監修 濃厚豚骨魚介つけ麺 -

f:id:sohait000:20161110115736j:image

f:id:sohait000:20161110115844j:image

販売からもう1週間以上経ってるけどやっと食べられたので書きます。

セブンイレブンのとみちゃんつけ麺シリーズ。ついにスープがあっためられる様になった。

 

麺の方は前回と変わりない麺の様子。白玉粉の様な味がして何とも不思議な味。この味を頑なに辞めないのは元々こういう味なのだろうか。一度本店で食べてみたいものだ。

コシの方は弱くサクサク噛み切れる。スープを吸う感じでは無く、スープにつけても麺の柔らかさなどに変化はない。

 

スープは自分のあっためが長すぎたのか、鹹味がかなり強かった。旨味の方は豚骨がやや重めで動物臭がごくごくわずかながらある。セブンイレブンの豚骨ラーメンの香りとにた感じ。もしかしたら同じ豚骨出汁を使ってるのかもね。魚介の方は程よい風味。柑橘の皮が入っていて王道感がより増している。

 

総論としては、あったかいスープはつけ麺の感じがでて雰囲気を楽しめるが、やはり店のつけ麺と比べればやはりまだまだレベルの差が歴然過ぎる。冷凍のつけ麺の方が美味い。

 

それにしても、セブンのざる蕎麦、ざるうどん、素麺はなかなか美味いのにつけ麺はこんなに長い年月をかけても上手くいかないのか。つけ麺恐るべし。