読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セアブラノ神 つけ麺

f:id:sohait000:20160225011521j:image

 JR丹波口駅を降りてマツモトやびっくりどんきーなどがある方へ進み、MKタクシーを右手に、キタガワを左手に見える交差点を左に曲がり、二つ目の信号で右折してちょっと進むと左手にある。
 言い換えると、JR丹波口を降り五条通りを東へ進み、五条壬生川で左折し、壬生川高辻で右折しちょっと進むと左手にある。徒歩10分程で着く、かなりアクセスしやすい場所にあるラーメン店である。
 ここの特筆すべきポイントはまるでバーのような店の内観と料理の素材の良さにある。
 内観は上品だ。女性と来ても、もしくは女性ソロでも問題がない落ち着きのある雰囲気。店員に女性が多くよりむさ苦しさを感じない。
 料理はつけ麺をいただいたが、まず生チャーシューの食感がとてもいい。付近にあいつのラーメンかたぐるまという店があるが、そちらにも似た生チャーシューがある。自分はこの生チャーシューが大好きだ。あっさりして噛みごたえがいい。丼にして大根おろしと甘酢ソースをかけたらさぞうまいだろうなと思う。このチャーシュー、そのまま食べるよりスープにつけてしっかり温めてから食べることをお勧めする。油の甘みが増し、筋の歯ごたえがより柔らかく弾力を持つからだ。
 
 話が脱線するが、自分はつけ麺やラーメンをいただくとき、ほかのメニューを頼まないようにしている。まだ趣味にして間もないころはセットメニューがあるとつい頼んでいたが、メインの味と混ざってしまって深い部分にある味がわからなくなってしまうことに気付いたからだ。単に自分の舌の性能が悪いだけの話である。だから、もしそのチャーシュー丼があったとしてもおそらく頼むことはないだろう多分。
 
 話を戻すと、麺はあのウイング麺を使用している。麺屋ていがくのあのウイング麺である。最近TVで奇抜なカルボナーラを紹介していて、パスタを食べたらウイング麺をつけて食べるなんて言っていたから相当メジャーなものなのだろう。とにかくこの麺はつるつるしてそこそこの歯ごたえと複雑で面白い舌触りを提供してくれる。そのままかみしめたときの小麦の香りもちゃんとある。
 スープは濃厚魚介のマタオマ系ではあるが、大粒の背油がはいっていてとてもこってりである。マタオマ系の中では舌触りが粗目で、魚介の風味が強く、甘み少な目より辛み強めのスープである。個人的には好みだ。
 後半は麺にレモンをかけていただく。さっぱりしてこってり感が薄れる。このタイミングに水菜と食べるとよく合うと思う。
 締めにはスープのほかに締めご飯も勝手についてくる。あられが乗っててさらに風味が加わるのだがなぜか不思議と調和されまた新たな味となる。もはや妙技と言わざるを得ない。
 
 ストックしていたメモから記事を作ったのはこれが初めてであるが、この店舗にした理由は単純に一番うまいと思うつけ麺を提供していたからだ。一押しである。ちなみにつけ麺以外のメニューをまだいただいたことがない。そのうち記事にするかもしれないししないかもしれない。
 
 これからつけ麺等に関する記事がどんどん増えていくと思うので、そのうち専用カテゴリー内にリスト記事を作って、そこにこの記事のようなレビュー記事をリンクさせていこうと思う。